盗聴器を発見するのは難しい|プロに依頼しよう

地図

使いやすさで選ぶ

gpsで居場所を追跡することができるので、最近は高齢者の徘徊や子どもの居場所チェックなどもできやすくなっています。スマートフォンで利用できるものの、単体でも利用可能です。高性能で小型のものも増えてきています。

GPS

防犯対策として有効です

小さなお子様や高齢者のいるご家庭では、防犯や見守り対策としてGPSを活用する方法があります。常に居場所を確認できることにより、安心感を持つことができます。小型GPSは軽くて小さいので持つ側の負担になりません。

ウーマン

どうしても位置が知りたい

浮気調査や防犯のために相手の位置情報がほしいなら、gpsのレンタルが便利です。gpsは人工衛星から情報を受信して相手の位置を特定してくれます。人や乗り物に取り付ければ確実に尾行を行えます。小型のものを使えば相手にばれることがありません。

プロへの依頼が最大の防御

男の人

家族や会社の安全を守る

防犯システムの技術が向上する中、犯罪で使用される機器もハイテク化が進んでいます。個人に対してはストーカー行為で使用され、技術や機密を盗まれる企業は後を絶ちません。特に機器が小型の盗聴は発見が容易ではありませんので、専門サービスへ依頼するのがベストでしょう。盗聴器が仕掛けられた気がする、または何らかの異常や異変を察知した際は、専門サービスへ早急に連絡するべきです。個人宅の盗聴器発見で得られる効果は、ターゲット本人だけでなく家族や近隣の安全が守られます。放置することで子供や家族の誘拐につながる可能性もあるため、調査結果を見て安心感を得ることは重要です。かもしれないという心理的ダメージも考えられますので、調査依頼の価値は高いといえます。盗聴器発見の依頼は個人・法人のどちらにも対応し、費用は主に面積で計算されるシステムです。法人でも極端な割高になることはなく、対象施設の大きさなので予算がわかりやすく安心といえます。例えば、30平米前後を2万円から3万円の基本料金と設定し、プラス約30平米ごとに5千円程度の料金が加算されるシステムです。また、盗聴のほか盗撮発見といったオプションやプランがあり、多くのサービスは調査内容が選択できます。盗聴器は侵入が必須となるため、発見後は設置されるまでの検証が重要です。誰でも入れるような場所であれば監視カメラの設置、または警備員を配置するのも良いでしょう。対策をアピールすることも重要で、こまめに発見依頼を出すと安全性が高まります。